読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河童仰臥之水辺、水草稿之室

主にデレステ関連の記事が置いてあります。完璧主義という病を克服し、日常の彩りに毛を生やすためのもの。

西島櫂についての考察

 

 

 

 

自分は一応、競泳経験者です。

西島選手と同様に、地方のクラブチームの

アスリートコースみたいなとこで泳いでいました。

今は【水泳のせんせぇ】やってます、

おかげで昨今の競泳の競技事情なども

多少は詳しいつもりではあります。

 

今から語る内容のソースは、

個人的な経験談などがメインです。

 

 

 

 

○【プロのスイマー】って、何だ?

 

 

そもそも競泳は興業ではないため、選手が泳ぐことにより得られるお金はほぼ無いです。

(たまーに賞金つきの大会が、あったような…それでもよくてトップで10万ぐらいかな?)

 

有料のチケットを買ってプールへ赴いて、

それで競泳選手のレースを観る…

そんな経験、周囲の知人含めてありますでしょうか?

 

…つまり、競泳のレースでお金は発生してません。

いくら速く泳ごうが、

それのみで稼げるわけではないのです。

 

 

それこそ、北島康介選手みたいにスポンサーがついて、

「泳ぐ広告塔」みたいにでもなれれば別なのですが…。

 

つまるところ、

オリンピックで何度も金メダルを取りでもしないと 

速く泳ぐだけで稼げる

【プロのスイマー(狭義)】

にはたどり着かない、競泳はそんなもんです。

 

 

 

 

 

○西島櫂の言う【プロのスイマー】ってなんだ?

 

 

西島選手は19歳。

この年齢では、最低でも

世界大会ぐらい経験していないと、

狭義でのプロのスイマーを目指すだなんて荒唐無稽です。

 

世界大会に出る基準としては、

地元大阪どころか全国大会でぶっちぎりのトップで、

大会の記録塗り替えまくるレベルであって

世界大会の基準タイム突破する必要があります。

 

そもそも、そんな世界レベルのスイマーなら

選抜合同合宿だとかアスリート生活で忙しいので

将来について悩んでいる余裕が無いです。本当に。

目指す大会でタイムを出すことに注力します。

 

 

じゃあ、19歳時分において

地元のクラブ(または大学の部活、試合?)とかで

落ちこぼれ気味になっていた西島選手が

本気で目指していたらしい【プロのスイマー】とは

何だったのだろうか…?


f:id:kasen_warashi:20161008044811j:image

 

 

全国大会入賞者がイイコ

→櫂本人はそこまでの成績を出していない

 


f:id:kasen_warashi:20161008044930j:image

 

 

 

 

当方、デレステからの櫂Pなため

本家モバマスにある情報は拾いきれてません、

情報が少ないおかげで多様な妄想が広がっています。

 

 

 

 

○自身の仮説、妄想

 

 

19歳で進路(将来)に悩むってことは

→何かしらの専門学校生(二年制?)なのか?

 

競泳に従事している人間が口にすることはない

【プロのスイマー】を本気で目指していたのは

かなり子供の頃のことか?

小学生のときの卒業文集だとかそんなもんかな?

→そう考えれば、リアリティはある。

漠然としたイメージの、【速く泳げる人気者】ということ。

 

 

 

・競泳選手がクラブを引退するタイミングは、大抵

中学卒業か高校卒業(or受験期突入)が多いです。

 

もし競泳で良い成績を出していて、

高校卒業後も競技を続ける場合であっても

クラブからは抜けることが多かった気がします。

 

水泳を中心に生活をするならば

大学は水泳部の強いところを選び、

クラブでなく部活(学校)で

競技生活をすることがほとんどです。

 

大学ではなく、クラブでの練習をメインにする大学生は

存在しないことはないですが、

大阪という地のことを考えると珍しいかも?

 

 

 

この事情を鑑みて、大学じゃなくて専門学生かな?

と思うことがありました。

 

さらに言うなれば、

水泳の強い大学は、大抵がお金のかかる私立です。

 

高校時代にトンデモな競泳の成績でもあれば

大学側から招待されて、

入学料や授業料の減免などありますが…

そういうものにひっかかるほど速くもなく、

かつ家庭事情や学力のこともあってか

そういった進学は断念したのかな…?とか、

そう考えると腑に落ちやすいです。

 

 

 

 

○まとめ

 

 

 

ここでおさらいですが、

しっかり泳いだ経験のある人ほど

「プロスイマーという職業は、ない」と知ってます。

 

つまり、西島選手の言うソレは

【何かの比喩】

でないかと、自身は考えています。

 

 

仮に小さい頃に考えていた

【プロのスイマー】は【速く泳げる人気者】

というイメージを

引っ張っていたのであれば…

水泳で成績を残したかったけど

残念ながら断念した強豪校への進学を

ひきずったまま専門学校へ通い、

ぼんやりしたままで時たま泳いでいたら

いざ卒業と就職の構えている時期を迎えてしまった。

そんな矢先、クラブに現れた不審者が…

といった妄想に。

 

 

 

内容は以上です。

主眼は、

 

◎【プロスイマー(狭義)】は存在しない

 

ということです。

 

 

なので、考察の際には

西島選手の言う【プロのスイマー】が

何の比喩なのかを考えることをお勧めします。

 

それは果たしてスイミングのコーチなのか、

職業は別だけど、ひたすら速く泳げるひとなのか、

それこそスポンサーがつくレベルの

スーパーアスリートなのか…